求人情報

表面科学会電極表面部会のシンポジウムのご案内

 ナノテクノロージの急速な発展に伴い、固液界面における原子分子レベルでの化学反応の解析と制御が強く求められている。この度、国際電気化学会(ISE)の前会長、ドイツUlm大学教授であるKolb先生が、JSPSの招へいで来日する機会に、シンポジウム「電極溶液界面の原子・分子レベルでの反応制御と解析」を北海道大学に開催する。Kolb教授の特別講演に加えて、電極溶液界面における最新研究成果を発表・議論する。さらに、北海道大学グローバルCOEプログラム「触媒が先導する物質科学イノベーション」推進の一環として、若い研究者と学生の積極的な参加を促すため、ポスターセッションも設けておりますので、多くの方々の参加を期待しております。また、優秀なポスター発表に対して、ポスター賞を選考する。なお、ポスター発表のご希望の方は下記事務局まで、申込内容(発表者と発表題目等)をe-mailで、2月15日までに下記事務局まで送付していただくと存じます。

日 程  2008年3月10日(月)
 
9:30-17:00 招待講演:10件
別講演:Kolb教授
17:00-18:30 ポスターセッション:30件程度
18:30- 懇親会
場 所  北海道大学理学部 7号館 7-310
  ポスターセッション:北海道大学理学部 5号館2階ロビー
参加費  無料 (懇親会費別途徴収)
主 催  日本表面科学会電極表面部会
共 催  日本表面科学会東北北海道支部、電気化学会北海道支部、日本化学会北海道支部、GCOE:「触媒が先導する物質科学イノベーション」、触媒化学研究センター談話会
協 賛  分子科学会、錯体化学会
責任者  北海道大学理学研究院化学専攻・魚崎浩平
事務局  北海道大学触媒化学研究センター・叶 深
Tel/Fax:011-706-9126 e-mail:ye@cat.hokudai.ac.jp

プログラム  URL
http://www.cat.hokudai.ac.jp/osawa/Symposium2008_atom.pdf
1. 9:30-10:00 Hogan Yu (Simon Fraser University, Canada) “Molecular architecture on oxide-free silicon: nanoscale structural and electrical characterization”
2. 10:00-10:30 Lijun Wan (Institute of Chemistry, CAS, China) “Electrochemical detection of nitroaromatic compounds by modified electrode”
3. 10:30-11:00 Katsuaki Shimazu (Hokkaido University, Japan) “Thiol-derivatized β-cyclodextrin monolayers as molecular templates and reaction sites”
4. 1:00-11:30 Susumu Kuwabata (Osaka University, Japan) “Development of in situ electrochemical electron microscope systems using ionic liquid”
5. 11:30-12:00 Kei Murakoshi (Hokkaido University, Japan) “A small number of molecules at metal nano-gap”
  12:00-13:00 Lunch
Plenary Lectures  
  13:00-14:00 Dieter Kolb (Ulm University, Germany) “An atomistic view of simple electrochemical processes”
  14:00-14:20 Coffee Break
6. 14:20-14:50 Takayuki Homma (Waseda University, Japan) “Fabrication of magnetic nanodot arrays using wet process”
7. 14:50-15:20 Satoru Takakusagi (Hokkaido University, Japan) “Potential dependent electrodeposition process of Ag on a reconstructed Au(111) surface studied by in situ scanning tunneling microscopy”
8. 15:20-15:50 Masatoshi Osawa (Hokkaido University, Japan) “Structure of water at the electrochemical interface: An infrared study”
9. 15:50-16:20 Toshiaki Ohtsuka (Hokkaido University, Japan) “Polypyrrole coating for corrosion prevention of steels”
10. 16:20-16:50 Toshihiro Kondo (Ochanomizu University, Japan) “Surface X-ray scattering study on reconstruction lifting of Au(111) single crystal surface induced by formation of hexanethiol self-assembled monolayer”

(最新情報について上記のURLで常時に知らせ致します。)

←共催・協賛(行事)へもどる