求人情報

日本分光学会 第44回夏期セミナーのお知らせ
「赤外分光法」,「テラヘルツ分光のための基礎技術・手法を学ぶ」,「近赤外分光法」


主 催 社団法人 日本分光学会
協 賛 分子科学会,応用物理学会,計測自動制御学会,日本光学会,電気学会,農業機械学会,日本化学会,日本分析学会,レーザー学会,日本生物物理学会,電子情報通信学会,日本生物工学会,日本農芸化学会,テラヘルツテクノロジーフォーラム
会 期 平成20年9月3日(水),4日(木),5日(金)
場 所 幕張メッセ国際会議場303会議室
2008分析展」と同時開催
住所:〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1
交通:JR海浜幕張駅下車徒歩5分
    詳細は次のホームページを参照。
    http://www.m-messe.co.jp
参加費
9月3日  一般:10,000円,学生:3,000円
(テキスト代金2,000円を含む)
9月4日  会員・一般:10,000円,学生:3,000円
(テキスト代金2,000円を含む)
9月5日  会員・一般:12,500円,学生:5,500円
(教科書「近赤外分光法」定価4,587円を含む)
測定法シリーズ教科書を会場に持参される場合は,会員・一般:9,000円,学生:2,000円で参加いただけます.申し込みの際にお知らせ下さい.
定 員 100名
申込方法 FAXまたはE-mailで,件名(Subject)を「第44回夏期セミナー参加申込」とし,(1) 参加日(複数可),(2) 申込者氏名,(3) 勤務先名,(4) 所在地,(5) 電話番号,(6) FAX番号,(7) E-mailアドレス,を記載して申し込み下さい.
申込先 電話:03-3291-5221,FAX:03-3291-5228
E-mail:office@bunkou.or.jp   http://www.bunkou.or.jp/
住所:〒101-0047東京都千代田区神田1-11-6大丸アネックス2階
社団法人 日本分光学会
申込締切 2008年8月11日(月).定員になり次第,締め切ります.参加人数に余裕がある場合は当日も申込を受け付けますが,過去の様子から多数の参加者が予想されますので,早めの申込をおすすめいたします.
支払方法 申し込みをしていただいた方に,受付番号と振込金額を電子メールで連絡いたしますので,下記口座に振り込みをお願いいたします.
 郵便振替番号 記号10160 番号77806961
 銀行振込口座 みずほ銀行 神田支店 普通預金口座 0936378
 詳細は社団法人 日本分光学会のホームページをご覧下さい.
プログラム
9月3日(水)  赤外分光法
10:00-10:05  「開会の辞」 
古川行夫(分光学会企画委員長)
10:05-11:10  「赤外分光法の基礎と実際」 
坂本章(埼玉大)
11:10-12:15  「FT-IR法による工業材料分析−測定の基礎と応用例−」 
三橋和成(東レリサーチセンター)
12:15-14:15  昼休み・分析展見学
14:15-15:20  「タンパク質の構造機能解析,生体材料・生物システムへの応用」
奈良雅之(東京医科歯科大)
15:20-16:25  「ケモメトリックス:基礎概念と濃度検量からの脱却」
長谷川健(東京工業大)
16:25-16:35  休憩
16:35-17:40  「2次元アレイ検知器を用いた顕微イメージングFT-IRの基礎と応用」
嶋田茂(バリアン テクノロジーズ ジャパン リミテッド)
17:40-17:45  「閉会の辞」
坂本章(埼玉大)

9月4日(木)  テラヘルツ分光のための基礎技術・手法を学ぶ
10:00-10:05  開会の辞
小川雄一(東北大)
10:05-11:05  「テラヘルツ分光のための基礎」
松島房和(富山大)
11:05-12:05  テラヘルツ分光装置の選び方」
笹倉大督(ブルカー・オプティクス)
12:05-14:05  昼休み・分析展見学
14:05-15:05  「はじめてのテラヘルツ分光測定法」
萩行正憲(大阪大)
15:05-15:15  休憩
15:15-16:55  テラヘルツ分光の使い道」
深澤亮一(スペクトルデザイン),尾内敏彦(キャノン)
16:55-17:55  「テラヘルツ振動の計算方法」
川添良幸(東北大)
17:55-18:00  「閉会の辞」
味戸克裕(NTT)

9月5日(金)  近赤外分光法
10:00-10:05  「開会の辞」
土川覚(名古屋大)
10:05-11:30  「近赤外分光法の原理と特徴」
高柳正夫(東京農工大)
11:30-13:30  昼休み・分析展見学
13:30-14:50  「近赤外分光法のハードとソフト」
土川覚(名古屋大)
14:50-16:20  「近赤外分光法を用いた分子科学研究」
池羽田晶文(関西学院大)
16:20-17:40  「近赤外分光法とライフサイエンス」
宮澤光博(生物資源研)
17:40-17:45  「閉会の辞」
宮澤光博(生物資源研)

←共催・協賛(行事)へもどる