求人情報

第44回X線分析討論会 ―講演募集―

主 催 日本分析化学会 X線分析研究懇談会
共 催 日本化学会、ESCA研究会
協 賛 分子科学会、日本放射光学会、環境科学会、高分子学会、石油学会、電気学会、日本金属学会、日本結晶学会、日本材料学会、日本生化学会、表面分析研究会、土木学会ほか
会 期 2008年10月18日(土)・19日(日)
会 場 日本女子大学 新泉山館 1F
文京区目白台2-8-1
電話:03-5981-3665
交通:JR山手線目白駅から徒歩15分、バス5分、東京メトロ有楽町線護国寺駅(4番出口)から徒歩10分。
詳細は次のホームページ参照。http://www.jwu.ac.jp/map/index.html
討論主題 (1)「現場」で活きるX線分析:in-situ、in-vivo、顕微X線分析など
(2)マテリアルのX線分析
(3)溶液、界面、表面のX線分析
(4)X線要素技術の新展開: X線源、光学素子、検出器など
(5)その他、X線を利用した分析一般
依頼講演 大野 雅史(JSTさきがけ、東大工)
超伝導転移端マイクロカロリメータを用いた高エネルギー分解能X線スペクトロスコピー

原田 慈久(東大院工、理研)
水・水溶液の構造と電子状態:2状態モデルへの回帰

松田 康弘(東北大金研、JSTさきがけ)
強磁場XMCDでみる希土類価数揺動物質の電子・磁気状態
講演申込要項
1. 講演内容は未発表のものに限ります。
2. 依頼講演、口頭発表、ポスター発表からなります。(口頭発表で申し込まれても、定数の都合上、ポスター発表に変更していただく場合もありますので、ご了承ください。)
3. 依頼講演は1講演40分(討論5分を含む)、口頭発表は1講演20分(討論5分を含む)です。液晶プロジェクタ( WindowsパソコンとPowerPointを用意します)での発表を基本とします。OHPご希望の方は、発表当日にご連絡ください。
4. 申込講演の採否及びブログラム編成は実行委員会に一任願います。
5. 講演者は後日参加登録してください。依頼講演者も参加登録料をお支払いいただきます(参加登録料:一般予約4,500円,一般当日6,000円,学生2,000円,ミキサー1,000円)。
懇親会 10月18日(土)  日本女子大学 新泉山館
講演申込締切日  7月18日(金)【必着】(学会誌へのプログラム掲載のため厳守)
講演要旨締切日 9月12日(金)【必着】
予約登録締切日 10月8日(水)【必着】
講演申込方法 討論会ホームページにアクセスの上、発表題目等の必要事項をEメールにて送信して下さい(やむを得ない場合はFAX送信も可)。 講演要旨は,当日受付で配付いたします(ただし座長には事前に郵送します)。詳細および最新情報は討論会ホームページを御覧下さい。
講演申込先・
要旨原稿送付先 
〒141-0031
東京都品川区西五反田1-26-2五反田サンハイツ 304号
社団法人日本分析化学会 X線分析研究懇談会
電話:03-3490-3351 FAX:03-3490-3572
E-mail:hm_tanaka@jsac.or.jp
問合せ先 日本女子大学理学部物質生物科学科 林 久史
電話・FAX:03-5981-3665
E-mail:hayashih@fc.jwu.ac.jp
実行委員会 委員長 林 久史(日女大)
委員 赤井俊雄(三菱化学) 辻幸一(大阪市大) 中井泉(東理大)
沼子千弥(徳島大) 早川 慎二郎(広島大) 保倉明子(東理大)

←共催・協賛(行事)へもどる