求人情報

MPS2010国際会議
MPS2010国際会議を下記の要領で開催いたしますので、ご案内申し上げます。参加申込方法その他の詳細はホームページをご覧下さい。一般講演からは、ポスター講演以外にもホットトピックスとして数件を口頭講演に取り上げる予定なので、奮ってご参加下さい。
MPS2010国際会議(International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters, and Surfaces)
主 催: MPS2010実行委員会・東北大学多元物質科学研究所
会 期: 2010年9月4日(土)−9月7日(火)
会 場: 東北大学片平さくらホール(宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)
内 容:

多粒子相関分光の最先端研究に関するホットな議論と迅速な情報交換を目的とする MPS 国際会議は、これまで2年おきに欧州各国で開催されてきた。17回目を数える 今回の会議は非欧州国での初めての開催としてとりわけ特徴づけられ、光、電子、 多価イオン等と標的物質との衝突動力学や標的電子構造を中心テーマとして議論する。 衝突で生成する荷電粒子間のベクトル相関の測定や少数多体系散乱理論など実験・ 理論の基礎研究を主とする一方で、標的とする対象は原子、分子、クラスター、生体 分子、表面など多岐にわたる。

講演申込締切り: 2010年6月15日(火)
事前参加登録締切り: 2010年7月31日(土)

招待講演者:

P. Corkum (NRC, Canada)
D. Miller (U. Tronto, Canada)
L. Avaldi (CNR-IMIP, Italy)
A. Belkacem (LBNL, USA)
N. Berrah (Western Michigan U., USA)
P. Bolognesi (CNR-IMIP, Italy)
I. Bray (Curtin U. Tech., Australia)
C. Dal Cappello (U. Paul Verlaine-Metz, France)
J. Colgan (LANL, USA)
R. Doerner (U. Frankfurt, Germany)
R. DuBois (Missouri U. Sci. & Tech., USA)
D. Fischer (MPI-K, Germany)
O. Fojon (CONICET-UNR, Argentina)
G. F. Hanne (U. Muenster, Germany)
L. Hargreaves (U. Adelaide, Australia)
A. Itoh (Kyoto U., Japan)
P. Johnsson (Lund U., Sweden)
A. Lahmam-Bennani (U. Paris-Sud 11, France)
C.D. Lin (Kansas State U., USA)
K. Mase (KEK, Japan)
R. Moshammer (MPI-K, Germany)
T. Odagiri (Tokyo Tech., Japan)
Y. Pavlyukh (U. Halle-Wittenberg, Germany)
X. Ren (MPI-K, Germany)
J.-M. Rost (MPI-PKS, Germany)
S. Samarin (U. Western Australia, Australia)
M. Schulz (Missouri U. Sci. & Tech., USA)
F. Schumann (MPI-Halle, Germany)
A. Senftleben (MPI-K, Germany)
C. A. Tachino (CONICET-UNR, Argentina)
L. Tribedi (Tata Inst. Fundamental Res., India)
問合せ先: 980-8577 仙台市青葉区片平2−1−1
東北大学多元物質科学研究所
高橋正彦研究室内 MPS2010実行委員会事務局
TEL: 022-217-5385  FAX: 022-217-5337
E-mail: mps2010_office@res.tagen.tohoku.ac.jp

←共催・協賛(行事)へもどる