求人情報

*********************************************************************
[分子科学会速報14-021]  研究会案内 KEK-PF研究会 (2/21)
*********************************************************************

速報発信者:足立純一(高エネルギー加速器研究機構)


研究会案内 KEK-PF研究会 (2/21)

高エネ機構フォトンファクトリー 
第2回 先進的観測技術研究会 −時間分解計測の最前線− 
開催のご案内

 近年の観測技術の進展は目覚ましいものがあり,今まで不可能と思われて
きたことが当たり前のようになってきている。一方,先端的技術であるがゆ
え,他の研究分野から見えにくくなっている点も否めない。そのため,近未
来の観測技術の発展には,広く先進的観測技術の現状を知るとともに,その
上で議論することが必須といえる。また,現在の観測技術の相補利用による
ブレークスルーも期待されるところである。そこで,放射光科学とは異なる
分野における先進的な観測技術を紹介していただき,分野横断的に議論がで
きる研究会を定期的に開催していくことを計画している。

 第2回の本研究会では,時間分解計測およびその基礎となる技術に焦点を
当て,先進的観測技術の第一線で研究されている若手研究者を集め,先進的
観測技術の現状と今後の展望を議論したい。すでに超高速ダイナミクス研究
が活発に行われているレーザー光を用いた研究,そして,電子線を用いた高
速ダイナミクス研究,cERL(KEKが目指している次期光源であるエネルギー回
収型線形加速器のための実証試験機) での実現を目指している極短パルスTHz
光による実験と関連が深い研究などについての講演を予定している。是非,
ご参加いただき,将来的に展開される放射光実験についてご議論いただきた
い。

主催:  物質構造科学研究所 フォトンファクトリー
共催:  PF-UA
開催日: 2014年2月21日(金)
開催場所: 高エネルギー加速器研究機構4号館 セミナーホール
参加費: 無料
参加申込方法:  ホームページ(http://pfwww.kek.jp/pf-seminar/AOT2)よ
り参加フォームを記入してお申込み下さい。(KEK 旅費サポート・宿舎希望
を伴う参加申込は 2/5(水)までとなっております)

<研究会プログラム>
日時 2/21(金) 12:55-18:20
13:00-13:20「はじめに -大型加速器を用いた時間分解計測の現状と将来-」
 野澤俊介(KEK)

物性物理における時間分解実験【座長:野澤俊介】
13:20-14:00「THzポンプ-THzプローブ分光を用いた非平衡BCS状態の超高速ダ
イナミクスの研究」
 松永隆佑 (東京大学大学院理学系研究科)

14:00-14:40「時間分解光電子顕微鏡による半導体表面・半導体ナノ構造中の
光キャリアダイナミクスのイメージング」
 福本恵紀 (東京工業大学大学院理工学研究科)

14:40-15:20「時間分解電子線回折法による光誘起ダイナミクス」
 羽田真毅 (東京工業大学応用セラミックス研究所)

15:20-15:40 break

分子科学における時間分解実験【座長:足立純一】
15:40-16:20「時間分解紫外共鳴ラマン分光法によるタンパク質の高速構造ダ
イナミクス 観測」
 水野操 (大阪大学大学院理学研究科)

16:20-17:00(仮題)「時間分解非線形分光による生体分子・ポリマーのダイナ
ミクス」
 太田薫 (神戸大学分子フォトサイエンス研究センター)

17:00-17:40「レーザーアシステッド電子回折法による超高速分子イメージン
グ」
 歸家令果(東京大学大学院理学系研究科)

17:40-18:20「高次高調波を用いた時間分解光電子分光による分子ダイナミク
ス」
 関川太郎 (北海道大学大学院工学研究院) 

19:00 - 懇親会 (ビールとワインのおいしいお店)
 ※つくばエクスプレス・つくば駅or研究学園駅付近,
 KEKからお店までバス送迎有


先進的観測技術研究会実行委員
足立純一,足立伸一,雨宮健太,篠原佑也(東大・PF-UA),清水伸隆,
中尾裕則,野澤俊介,和田 健


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************