求人情報

*********************************************************************
[分子科学会速報14-035]  Quantum ESPRESSO&YAMBOチュートリアル
*********************************************************************

速報発信者:藤井幹也(東京大学)


Quantum ESPRESSO&YAMBOチュートリアル

分子科学会会員の皆様
#複数のMLを通してご案内差し上げております.
#重複して受け取られた方には,申し訳ございませんが,ご容赦ください.

東京大学の藤井と申します.
この度,東京大学大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 
山下・牛山研究室とQuantum ESPRESSOFoundationの共催で、
密度汎関数法をはじめ様々な計算手法が実装された
第一原理計算コードQuantumESPRESSO、および多体摂動理論計算コード
YAMBOに関する4日間のチュートリアルを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

Computer modelling of materials at the nanoscale
An introduction and hands-on tutorial with the 
Quantum ESPRESSO & YAMBO codes

●場所:東京大学本郷キャンパス 山上会館 二階会議室201・202

●日程:2014年  4/23(水)- 26(土)
午前  9:00-12:30 (4/23のみ9:30-12:30) 計算手法・理論に関する講義
午後 14:00-17:00 実際にコードを使用したチュートリアル

密度汎関数法による電子状態計算および構造最適化計算、ダイナミクス、
TDDFTおよび多体摂動理論を用いた励起状態計算に関する講義・チュートリア
ルを行う予定です。
・4/23(水)
  A DFT primer with applications to the electronic structure, 
  structural stability, and geometry optimisation of finite 
  and periodic systems.
  Afternoon: hands-on tutorial with the Quantum ESPRESSO distribution
.
・4/24(木)
  Simulation of rare events, location of transition states, 
  evaluation of energy barriers. (NEB, metadynamics, basin hopping).
  Afternoon: hands-on tutorial with the Quantum ESPRESSO distribution
.
・4/25(金)
  DFT-based simulation of excited-state properties. DFPT for lattice
  and molecular vibrations, TDDF(p)T for optical excitations 
  electron-energy loss spectroscopies.
  Afternoon: hands-on tutorial with the Quantum ESPRESSO distribution
.
・4/26(土)
  Simulation of excited-state properties from many-body perturbation 
  theory.
  Afternoon - hands-on tutorial with the YAMBO code.

●講師(アルファベット順)
  Prof. Stefano Baroni (SISSA, Italy)
  Dr. Stefano Fabris (CNR-Democritos, Italy)
  Prof. Paolo Giannozzi(University of Pordenone)
  Dr. Andrea Marini (CNR, Italy)
  Dr. Iurii Timrov (SISSA, Italy)

●参加申し込みについて
・申込み締切 3/20(木)
 氏名、所属先、所属先住所、身分、E-mailアドレスをご明記の上、
 QEY.ws_at_tcl.t.u-tokyo.ac.jp
 までご連絡ください。(“_at_” は “@”に変換してください)
 ご質問等についても、本メールアドレスで対応いたします。
・参加費
 企業の方;50.000円
 大学/研究機関の方:20.000円
 学生の方:8.000円
 お支払方法については、参加登録後にお知らせします。
・受講者は30人までを予定していますので、お早めにお申し込みください。

●注意点
・講義は全て英語で行われます。
・Linux使用経験のある方に限ります。また、密度汎関数理論および
  多体摂動理論に関して、ある程度の知識があることが望まれます。
・午後の計算チュートリアルの際には、こちらで用意した計算環境
  にアクセスしていただく予定です。
  無線LAN対応、かつX11環境の用意されたノートPCをご持参ください。
  詳細については、参加登録後に改めてE-mailにてお知らせいたします。

●世話人会
  山下晃一、牛山浩、藤井幹也、Giacomo Giorgi、河合宏樹(東京大学)

英語での概要は下記のURLにございます。
http://www.tcl.t.u-tokyo.ac.jp/images/event/leaflet_QE_final.pdf
興味のある外国人研究者の方がいましたら、
ご周知いただければと思います。

***************************************
Mikiya Fujii, Ph.D.

Yamashita & Ushiyama Laboratory,
Department of Chemical System Engineering,
Faculty of Engineering,
The University of Tokyo.

tel&fax: +81-3-5841-7286
email: fujii@tcl.t.u-tokyo.ac.jp
HP: http://www.tcl.t.u-tokyo.ac.jp/
***************************************


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************