求人情報

*********************************************************************
[分子科学会速報14-060]  ポスト京 課題について(ご協力のお願い)
*********************************************************************

速報発信者:高塚和夫(東京大学)


ポスト京 課題について(ご協力のお願い)

関係者各位
                                  分子研・計算分子科学研究拠点(TCCI)
                                                        高塚和夫

 ポスト「京」(エクサスケールスーパーコンピュータ)で重点的に取り組
むべき社会的・科学的課題について(ご協力のお願い)

 いつも大変お世話になっております.掲題について文部科学省により意見
公募が始まっております.是非,ご協力を賜りたくお願い致します.以下,
少し長くなりますが主旨を説明いたしますのでお読みください.

1.ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関する意見
募集の実施について
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/04/1346465.htm

  意見公募が既に始まっております.つきましては,皆様にご意見の提出を
お願い致します.
 実施期間:平成26年4月10日(木)〜平成26年5月12日(月)必着
 意見提出様式:e-Govのページ
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=18
5000691

ご意見には、以下の記載内容を含めて頂くようにお願いします.
○社会的・科学的課題の概要(200字程度)
 ポスト「京」で重点的に取り組むべき課題の概要(課題の内容・背景や重
  要性,解決に向けた現在の取組状況 等)を記載ください.
○課題解決に向けた施策の具体的内容(200字程度)
 課題を解決するために考えられるポスト「京」を活用した提案を記載くだ
  さい.
○課題解決による効果(100字程度)
 課題を解決することにより,社会的・科学的にどのような効果・インパク
  トが見込まれるのかを記載ください.

尚,計算分子科学研究拠点(TCCI)では,今後の重点的に取り組むべき社会的
・科学的課題について,有志により課題を提案させて頂く場として,以下の
インフォーマル研究会を5月21日(水)に名古屋大学にて開催します.
    http://tcci.ims.ac.jp/tcci/event/conference_20140521.html

残念ながら,意見公募の締め切りが研究会の開催より早く十分なご説明をさ
せて頂くことができませんが,これらの発表予定の課題の中で一つでもご賛
同頂ける課題がございましたら,是非,上記の意見募集先にご投稿をお願い
致します.また,これらには含まれない新しいご提案がございましたら,参
考にさせて頂きますので,是非TCCI(以下まで)にもお知らせ頂くようにお
願い致します.
    宛先:tcci-office@yfep2.ims.ac.jp  TCCI事務局宛

これまでのTCCIでの研究成果事例を,以下の研究成果事例パンフレットとし
てまとめております.ご参照頂ければ幸いです.
    http://tcci.ims.ac.jp/tcci/research/files/pamph_v1.pdf

2.ポスト「京」に向けた状況について

 「京」の設置を契機に作られましたHPCI戦略プログラム(戦略分野方式)
も早いもので,既に3年が経過し,この4月からの2年間をもって終了いたしま
す.このプログラムは拠点形成方式によって構成され,第2分野(物質科学)
では物性研(東大),分子研,金研(東北大)が合同で分野融合を起こしつ
つ,重点研究を担当し,同時に,人材育成,次世代育成を担当するという,
物質計算科学としては初めてのやり方でした.TCCIにおいても,理論・計算
化学の多くの方にご参加いただき,文部科学省から依頼された分野振興に一
定の成果を上げてきたと考えています.
 
 一方,新聞報道等でご案内のように,平成26年度の予算としてポスト「京
」(エクサスケール・コンピュータ)の開発の予算が付き,理研AICSが中心
となり開発が始まっております.ポスト「京」についてもアプリケーション
が重要なため,ハードの開発開始と併せて,取り組むべき社会的・科学的課
題の選定が始まります.この点につきましては,以前ご紹介しました戦略分
野関係者有志でまとめた「計算科学ロードマップ」(平成24年3月)が切っ掛
けとなり,平成24年度,平成25年度の文部科学省のプロジェクトとして「将
来のHPCIシステムのあり方の調査研究(アプリケーション分野)」が実施さ
れ,ポスト「京」に向けて,今後の計算科学が貢献し得る社会的・科学的課
題が,「計算科学ロードマップ」(平成26年3月)の中で提案されるに至って
おります.
 http://hpci-aplfs.aics.riken.jp/roadmap_201403.html

ここには,以下の詳細報告書と概要版がリンクされています.
 計算科学ロードマップ(平成26年3月)
 計算科学ロードマップ 概要版(平成26年3月)
この中では,4つの分野の社会的課題が提案されています.

  社会的課題            具体的貢献
  --------------------  ----------------------------------------
  創薬・医療           画期的創薬・医療技術の創出
  総合防災             科学的知見に基づく災害予測のシステム化
  エネルギー・環境問題 エネルギー技術と環境との調和
  社会経済予測         社会経済活動に柔軟に対応する予測システム
  --------------------  ----------------------------------------

 また,文部科学省としては,HPCI計画推進委員会の下に「今後のHPCI計画
推進のあり方検討ワーキンググループ」(主査:神戸大 小柳教授)を設け
,ポスト「京」に向けた政策面についての検討を並行して行ってきました.
その報告書も間もなく公開されるものと思います.以下で検討状況をご覧く
ださい.
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/028/index.htm

 加えて,この4月4日に,文部科学省において第一回目の「ポスト「京」で
重点的に取り組むべき社会的・科学的課題についての検討委員会」(委員長
:小宮山宏 前東大総長)が開かれました.
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/035/index.htm

そこでは,「京」での実績を踏まえて,次の巨大計算科学(巨大計算機を利
用する科学)の研究課題の方向性が検討される予定です.第一回目の議題と
して,
  (1) ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題について
    の検討委員会の設置について  
  (2) ポスト「京」プロジェクトについて 
  (3) 将来のHPCIシステムのあり方の調査研究(アプリ分野)からの報告
  (4) 関係省庁における計算科学技術に対するニーズについて
  (5) その他
   ・社会的・科学的課題に関する意見募集の実施について(案)
が提示され,議論されました.以下,これを契機として,
  第2回 5/30(金) 15:00-17:00
  ・ポスト「京」の社会的・科学的課題の考え方
  ・アプリケーションの研究開発体制について
  第3回  6/19(木) 15:00-17:00
  ・ポスト「京」の計算資源配分の考え方
  ・ポスト「京」の社会的・科学的課題の取りまとめ
  第4回 7/24(木) 16:00-18:00
  ・報告書取りまとめ
のように議事が進行していく予定です.

 第一回目の会議では,様々な角度からの意見募集(パブリックヒヤリング
)が実施される事が決まりました.内容は前述1の通りです.

 以上のように着々と進行する次世代計算科学体勢に対して,TCCIでは,次
世代の研究環境を高いレベルで整備しておくことも一つの役割ではないかと
認識しており,組織としての残り2年間にはそれに関わる作業のお手伝いを
しておく責任を感じています.それは,次世代の研究者の研究課題やあり方
に直接方向性を出す,あるいは,TCCIが調整して研究課題の応募に当たる,
などというものでは全くありません(研究課題への応募は各研究者個人ある
いはグループで為される方向になるだろうと思われます,それに対してTCCI
が何かする,と言うことはありません).先生方と「学生」の研究環境を含め
て,研究の「場」は自ら高めていくものであると同時に,TCCIとしては,次
世代によってなされるであろう自発的な研究環境の構築のきっかけが提供で
きればと考えています.

ご協力の程よろしくお願い致します.

高塚和夫
自然科学研究機構分子科学研究所
計算分子科学研究拠点(TCCI)

東京大学大学院総合文化研究科
相関基礎科学系
教養学部統合自然科学科
153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
kaztak@mns2.c.u-tokyo.ac.jp
03-5454-6588


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************