求人情報

*********************************************************************
[分子科学会速報14-148]  平成26年度 日本分光学会中部支部講演会
*********************************************************************

速報発信者:古谷祐詞(分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域)


平成26年度 日本分光学会中部支部講演会(愛知地区)

主催:  日本分光学会中部支部
日時: 2014年12月24日(水) 13:20〜18:00
場所: 分子科学研究所 研究棟201号室(明大寺キャンパス)
http://www.ims.ac.jp/about/campus/shonai.html

参加費:無料(交流会参加の方は1000円)参加申込は不要です。
(日本分光学会員以外の方は、この機会に日本分光学会への入会を
御検討ください。)

【講演予定者】

 名古屋大学大学院理学研究科 教授 野口 巧
 豊田工業大学 准教授 山方 啓
 分子科学研究所 准教授 藤 貴夫

開催趣旨:赤外分光計測は、物質から生体系にいたる様々な分子の同定や構
造解析に用いられています。また、光や電気など様々な刺激の前後での差ス
ペクトルを解析することで、分子の化学結合や相互作用の変化を鋭敏に捉え
ることが可能になります。そのためタンパク質や触媒などの分子機構解明に
も役立てられています。今回、先端計測の開発や、光触媒や光合成の分子機
構研究など、最新の赤外分光研究に取り組む研究者による講演会を企画いた
しました。赤外分光計測の将来性をじっくりと議論できれば幸いです。


【講演会プログラム】

13:20〜13:30 趣旨説明 古谷 祐詞 (分子科学研究所 准教授)

13:30〜14:15 招待講演1 藤 貴夫 (分子科学研究所 准教授)
        「超広帯域コヒーレント赤外光を使った高速赤外分光」

14:15〜14:30 休憩

14:30〜15:15 招待講演2 山方 啓 (豊田工業大学 准教授)
        「時間分解赤外分光法を用いた光触媒反応ダイナミクス」

15:15〜15:30 休憩

15:30〜16:15 招待講演3 野口 巧 (名古屋大学大学院理学研究科 教授)
        「光合成による水分解・酸素発生反応の赤外分光解析」

16:15〜16:30 休憩

16:30〜18:00 交流会

(講演は38分+質疑7分程度)


【連絡先】

 古谷 祐詞
   分子科学研究所
   生命・錯体分子科学研究領域 生体分子情報研究部門
   JST さきがけ「光エネルギーと物質変換」
  444-8585 岡崎市明大寺町字西郷中38
  Tel: 0564-55-7330 or 7453  Fax: 0564-55-7439
  E-mail: furutani@ims.ac.jp


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************