求人情報

*********************************************************************
[分子科学会速報14-176]  物質・材料研究機構 博士研究員公募
*********************************************************************

速報発信者:館山佳尚(物質・材料研究機構 WPI-MANA)


(独)物質・材料研究機構 MANA NIMSポスドク研究員募集

当グループでは、下記の要領でNIMSポスドク研究員を募集します。
http://www.nims.go.jp/research/mana/employment/hdfqf10000066m5b.html
http://www.nims.go.jp/research/mana/employment/hdfqf10000066m8d.html

1:募集人員 2名
2:所属 物質・材料研究機構 MANA ナノシステム計算科学グループ
3:研究内容 
JST-ACCEL「ダイヤモンド電極の物質科学と応用展開」の理論グループの
ポスドクとして、ダイヤモンド電極実用化に供する第一原理計算研究
(応用)、及びそれにつながる半導体電極界面反応の理論計算技術の構築
(基礎)に取り組む。「京」コンピュータ等の利用も行う。 
なお、ナノシステム計算科学グループの研究の詳細は下記を参照のこと。
http://www.nims.go.jp/group/nscs/index-j.html
4:応募資格
(1) 着任時までに量子化学、物性物理及び材料科学に関連する理論計算
において博士号を取得。(2) 第一原理電子状態計算の経験を有する。
(3) Fortran90プログラムの作成・改良経験があるまたは今後意欲的に
取組める。(4) 英語でのコミュニケーションが取れる。(5)ナノシステム
計算科学グループの活動及び共同研究者との議論に積極的に参加できる。
5:任期 1年契約、1年毎の審査により更新あり。
6:着任時期 平成27年4月1日以降のなるべく早い時期(応相談)
7:勤務地 (独)物質・材料研究機構 並木地区(茨城県つくば市)
8:給与・待遇 当機構の任期性職員給与規程による。
9:提出書類 
(1) 当機構指定の履歴書
(2) 研究業績リスト(誌上発表、口頭発表、その他)
(3) これまでの研究概要(A4 2ページ以内)
(4) 自己アピール
(応募者の有する計算関連の技術・経験、今後の抱負: 1ページ以内)
(5) 主要論文別刷り2編
(6) 応募者について照会可能な方(2名)の氏名、所属、連絡先
(e-mailアドレス必須)
10:応募締切 適任者が見つかり次第終了。
11:選考方法 書類選考後、面接を実施。
12:書類送付先・問い合わせ先
館山佳尚(たてやま よしたか)
E-mail:TATEYAMA.Yoshitaka=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] に。)
〒305-0044 つくば市並木1−1
(独)物質・材料研究機構 (NIMS) 
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
ナノ界面ユニット・ナノシステム計算科学グループ


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************