求人情報

学会賞募集要項

対象者:
分子科学研究分野において特に独創的で新たな研究領域の創成に結びつく質の高い研究成果を挙げ、分子科学の発展に長年寄与した研究者。
候補者資格:
2017年9月1日において1年以上分子科学会会員であること。
推薦方法:
分子科学会会員(正会員・学生会員・名誉会員)1名による他薦。
授賞件数:
3件以内
推薦書類:
①被推薦者に関する情報
[1]氏名(ふりがな):
[2]所属:
[3]職位:
[4]生年月日(西暦):
[5]受賞業績題目:
[6]分子科学会会員番号:
[7]電話番号:
[8]E-mailアドレス:
②推薦者に関する情報
[1]氏名(ふりがな):
[2]所属:
[3]分子科学会会員番号:
[4]E-mailアドレス:
③受賞業績の概要(A4版2ページ以内でわかりやすくお書きください。図を用いてもかまいません。白黒グレースケール印刷した応募書類を選考に使用します。)
④研究業績リスト
[1]代表となる原著論文または総説論文5編のリスト
[2]査読つき原著論文リスト
[3]総説・解説・著書(分担執筆含む)リスト
[4]国際学会での招待講演リスト
[5]受賞歴
⑤代表となる原著論文または総説論文5編の別刷
⑥学会主催など特記事項
①〜⑥をこの順番で一つのPDFファイルとしてください。
応募方法:
作成した「応募書類」ファイルを電子メールでbunshi-syou@bunken.co.jp(@を半角で入力し直して送信してください)までお送り下さい。なお、申し込みメールの題目は必ず「平成29年度分子科学会賞推薦」として下さい。申し込み後に、「応募申し込み受付通知」の電子メールが自動返送されます。2〜3時間経っても電子メールが届かない場合は、ヘルプデスク(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp (@を半角で入力し直して送信してください))までお問い合わせ下さい。
応募締切:
2017年5月6日(土)
表彰:
分子科学討論会開催期間中に行われる分子科学会総会において表彰します。
問い合わせ先:
顕彰委員長 岩田耕一(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp)@を半角で入力しなおして送信してください。

国際学術賞募集要項

対象者:
分子科学研究分野において量ではなく質的に優れた研究業績をあげ、国際的に高く評価されている研究者。
応募資格:
2017年9月1日において1年以上分子科学会会員であること。
応募方法:
自薦または分子科学会会員(正会員・学生会員・名誉会員)1名による他薦。
授賞件数:
3件以内
応募書類:
①応募者または被推薦者に関する情報
[1]氏名(ふりがな):
[2]所属:
[3]職位:
[4]生年月日(西暦):
[5]受賞業績題目:
[6]分子科学会会員番号:
[7]電話番号:
[8]E-mailアドレス:
②他薦の場合は推薦者に関する情報
[1]氏名(ふりがな):
[2]所属:
[3]分子科学会会員番号:
[4]E-mailアドレス:
③受賞業績の概要(A4版2ページ以内でわかりやすくお書きください。図を用いてもかまいません。白黒グレースケール印刷した応募書類を選考に使用します。)
④研究業績リスト
[1]受賞業績を代表する原著論文3編のリスト
[2]査読つき原著論文リスト(受賞業績と関係しない論文を含む)
[3]総説・解説・著書(分担執筆含む)リスト(受賞業績と関係しないものを含む)
[4]国際学会での招待講演リスト(受賞業績と関係しない講演を含む)
[5]受賞歴
⑤受賞業績を代表する原著論文3編の別刷
⑥日本国籍を持たない者1名による英文推薦書(書式は別に定める)
①〜⑥をこの順番で一つのPDFファイルとしてください。
応募方法:
作成した「応募書類」ファイルを電子メールでbunshi-kokusai-syou@bunken.co.jp(@を半角で入力し直して送信してください)までお送り下さい。なお、申し込みメールの題目は必ず「平成28年度分子科学会賞推薦」として下さい。申し込み後に、「応募申し込み受付通知」の電子メールが自動返送されます。2〜3時間経っても電子メールが届かない場合は、ヘルプデスク(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp (@を半角で入力し直して送信してください))までお問い合わせ下さい。
応募締切:
2017年5月6日(土)
表彰:
受賞者を分子科学討論会開催期間中に行われる分子科学会総会において表彰します。受賞者が受賞業績に関連する総説論文を国際的な学術雑誌に寄稿することを分子科学会は支援します。
問い合わせ先:
顕彰委員長 岩田耕一(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp)@を半角で入力しなおして送信してください。

日本国籍を持たない者による英文推薦書書式(合計2ページ以内・自薦他薦いずれの場合でも必要です)
Nominator's name:
Nominator's affiliation:
Nominator's e-mail address:

Academics may be nominated for International Investigator Awards of the Japan Society for Molecular Science, provided that they have contributed fundamental discoveries, new theories, or insights that have made an impact on molecular science and are expected to continue producing cutting-edge achievements in future. Please provide here a brief description of the nominee’s previous research accomplishments (maximum of 1 page).

Provide here a laudation (maximum of 1 page). The laudation serves to illustrate the nominee’s international presence from the nominator’s point of view. Your statement should convince the specialist community of molecular science that the nominee is the right candidate for the International Investigator Award of the Japan Society for Molecular Science.


奨励賞募集要項

分子科学会では、分子科学研究分野において質の高い研究成果を挙げ、分子科学の発展に寄与した若手研究者に対して分子科学会奨励賞(以下、奨励賞という)を贈呈しています。つきましては、本年度の候補者を募集いたしますので、下記事項を参照のうえ、ご応募くださいますようお願いいたします。

対象者:
分子科学研究分野において質の高い研究成果を挙げ、分子科学の発展に寄与した若手研究者。
応募資格:
1) 2017年9月1日において1年以上分子科学会会員であること。
2) 2017年9月1日において39歳未満であること。
3) 分子構造総合討論会および分子科学討論会において、第一著者として過去3回以上発表した実績を有すること。
4) 過去に奨励賞の受賞歴がないこと。
分子科学会会員でない方は本年度の奨励賞に応募できません。来年度以降も奨励賞を募集するので、この機会に分子科学会へ入会ください。
入会申込みはこちら
応募方法:
自薦
授賞件数:
5件以内
応募書類:
①奨励賞応募申込フォーム(txtファイル形式)
[1]氏名およびふりがな:
[2]所属:
[3]身分:
[4]生年月日:
[5]業績題目:
[6]分子科学会会員番号(入会申込中の方は受付番号):
[7]住所:
[8]電話番号:
[9]E-mailアドレス:
②候補者の略歴(PDF形式)
氏名、学歴、職歴、電子メールアドレスを記入してください。
③研究業績の概要(PDF形式)
A4版2ページ以内でわかりやすくお書きください。業績題目・氏名・所属を冒頭に記入してください。図を用いてもかまいません。白黒グレースケール印刷した応募書類を選考に使用します。)
④研究業績リスト(PDF形式)
[1]査読つき原著論文リスト
[2]総説・解説・著書(分担執筆含む)リスト
[3]招待講演リスト
[4]国際学会発表リスト
⑤代表的な原著論文2編の別刷(PDF形式)
⑥分子構造総合討論会または分子科学討論会において第一著者として発表した過去3回分の口頭発表またはポスター発表の要旨(PDF形式)なお、第一著者か否かにかかわらず、審査の参考となる最近の発表要旨を付け加えても差し支えありません。いずれも開催年と講演番号を記入してください。

①をtxtファイル、②〜⑥の書類をこの順番で一つのPDFファイルとしてください。それぞれのファイル名は、名前は応募者氏名の英語表記を用い、[first nameの頭文字]_[last name]_[提出書類名]のように作成して下さい。例えば、分子太郎 (Taro Bunshi)が奨励賞に応募する場合には、
    ①のファイル名:t_bunshi_appl.txt
    ②のファイル名:t_bunshi_shourei.pdf としてください。
申し込み方法:
作成した2つの「応募書類」ファイルを電子メールでbunshi-shourei@bunken.co.jp (@を半角で入力し直して送信してください)までお送り下さい。なお、申し込みメールの題目は必ず「平成29年度分子科学会奨励賞応募」として下さい。申し込み後に、「応募申し込み受付通知」の電子メールが自動返送されます。2〜3時間経っても電子メールが届かない場合は、ヘルプデスク(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp (@を半角で入力し直して送信してください))までお問い合わせ下さい。
応募締切:
2017年5月6日(土)
選考:
二段階の選考を行います。一次選考(書類選考)の結果は、7月上旬頃にお知らせします。二次選考のヒアリングは、8月上旬に東京近郊または大阪近郊でおこなう予定です。発表10分、質疑応答10分程度を予定しています。二次選考に際し、追加資料の提出をお願いする場合があります。審査会場までの往復交通費(原則日帰り)を学会が負担する用意があります。
表彰:
分子科学討論会開催期間中に行われる分子科学会総会において表彰します。受賞者には受賞業績に関連する総説論文(Award Accounts)を会誌Molecular Scienceに寄稿いただき、さらに次年度の分子科学討論会において受賞講演をおこなっていただきます。
問い合わせ先:
顕彰委員長 岩田耕一(bunshi-kensyo-desk@bunken.co.jp)@を半角で入力し直して送信してください。